STAFF BLOG

スタッフのライフスタイルを綴る、ゆるいブログ。
日々のオフィスの様子から休日に出会った興味あることなどをご紹介。

竹で遊ぶ

「冒険遊び場」の特別企画です。
今回は「竹を使って遊びつくす!」がテーマです。
ますは参加者で竹を切り出します。

竹にパン生地を巻いて焼いていきます。
子どもも楽しんでいましたが、子ども以上に周りの大人たちの方が楽しむ姿が見受けられました。
又、パンだけでなく、竹を使ってご飯も炊きます。

ご飯が炊ける間に、竹でお箸を作ります。
上手にナイフを使う子もいれば、見ている方がドキドキする子もいます。
大人はできるだけ見守る事に徹します。

炊き上がったご飯にはシンがあったり、パンはコゲていたかも知れませんが、普段お店で買ったり、親が作ってくれる物とはひと味違ったようです。
自分が作ったご飯やパンに、子ども達も満足げです。

お腹が膨れたら竹で遊び道具を作ります。
刀、竹鉄砲、中でも弓矢は男女を問わず一番人気です。
最初は見ていた子も作りたいと集まってきます。
そして、木に的をつくり腕前を競います。

気が付けば、小さな子どもたちは水遊びです。
よく見ると男の子も女の子も丸裸!!
こんな時代に戻りたいと思うのは年を取ったせいかも。

次は何をして遊ぼうか!

切落し昆布

こんにちは。

清々しい季節に終わりをつげるような暑さが各地で続いていますね。

冷蔵庫の中も冷たい飲み物がそろそろ増えてきた頃でしょうか。

うちの冷蔵庫にもOVAのウォーターカラフェが年中並んで活躍してくれていますが、

最近は切落し昆布を入れて出汁用カラフェとしても使用しています。

05030-1OVA

1リットルサイズにそのままの長い昆布を入れると調度いいです。

お味噌汁やスープ・煮物用に使うととても美味しいです。

05030-3 soup

出汁の出きった昆布は細く切って、余った具材と煮たりして。。

05030-2okazu

ちょっとしたおかずにもなります。。

冒険遊び場

「冒険遊び場」は、1943年にヨーロッパで生まれました。
大人が用意した遊びのプログラムや既成の遊具はなく、身の回りの様々なモノを使って、子どもたち自身がやってみたいことができる遊び場です。

遊具などは殆どありません。
あるのは自然と、まわりで見守る大人だけです。
山の斜面も、ロープが一本あれば遊びの場に変わります。

小さな保育園児たちも自然の中で群れて遊んでいます。
普段の園舎での遊びと違い、自然の中では五感全体を使って遊びます。
いつも以上に楽しそうです。

自由に使える道具が用意してあります。
何を作るかは、もちろん子どもたちの自由です。
助けを求められれば大人も手助けしますが、基本は手や口を出さず見守ること。、これが以外と難しいみたいです。

完成した弓矢。
何を狙っているのでしょうか。

子どもが帰った後は、大人たちの反省会(飲み会)です。
カップとステムが取りはずせるFESTAは、コンパクトに収納でき持ち運びにも便利です。
野外でチョットお洒落な気分を味わえます。