誰でも手軽に本格的なハンドドリップコーヒーが愉しめる「FARO」。
機能とデザイン性、両方に優れたコンパクトさが魅力的なコーヒーメーカーですが、大解剖してそれぞれのパーツごとに凝らされた工夫をお伝えします。

まずは、ドリッパーの話から。

実験と試作を繰り返し、適度なスピードでコーヒーがドリップされるよう計算された構造。フィルターで濾されたコーヒーがスムーズに流れるよう底面は緩やかな傾斜になっています。
一つ穴の抽出口は、その部分にお湯が集中しじっくり抽出できる利点があります。また穴のサイズはコーヒーが早すぎず遅すぎずちょうどいい速さでドリップされるよう調整されていて、円柱型のドリッパーにくらべお湯がゆっくりと流れます。
コーヒーも紅茶の茶葉のように熱湯の中でゆっくり蒸らされることで豆が開き、風味や旨みなどの持ち味を十分に引き出すことができるのです。

※内部のようすはこちら。

そして、そのドリッパーの中のステンレスフィルターについて。

コーヒー豆は焙煎すると内部の油分が引き出され表面に艶がでます。この油分がコーヒーの風味をまろやかにするエッセンス。
FAROのステンレスフィルターはペーパーフィルターでは濾してしまう、旨み成分である油分をそのままドリップするので、豆本来の風味を保った香り高いコーヒーが仕上がります。
底面のメッシュの細かさがお湯の落ちるスピードをコントロールしているので、短時間ながらも豆の旨みをじっくり抽出することができるのです。

そして内側の2本のライン。
下のラインはコーヒー1杯分の粉の量、上のラインはお湯の量の目安。計量スプーンがなくても、じっと見張っていなくても1杯分が美味しくスムーズに淹れられる、そんな工夫が詰まっています。

最後にリッド(フタ)について。

脇役ながら優れもの。ドリッパー、カップ、マグ、ポット、すべてのパーツの口径と同じサイズのリッド。
コーヒーを淹れ終わったあと置き場に困るドリッパーの受け皿として使え、そして淹れたコーヒーをちょっと置いておきたいときに、フタをしてコーヒーの香りと風味をキープすることができます。

どのパーツを組み合わせてもスマートに決まる、デザインコンシャスがゆえに実用性も抜群です。