無駄のない、シンプルなデザインが魅力のCASTシリーズ。
今日は、KITCHENシリーズよりキャニスターについてのお話。

ただのストックウェアではなく、キッチンに並べた時、食卓に出した時…食事に関するあらゆるシーンで映えるシンプルで整然とした美しさ。
耐熱ガラスタイプと、磁器タイプ使いやすさを追及した結果、豊富なバリエーションが揃いました。お好みで、また用途に合わせて使い分けてください。


ガラスキャニスター
耐熱ガラス製キャニスターは、薄くて軽く中が見えるので冷蔵庫での保存も便利です。
シリコーンパッキン付きで密閉性があり、においも気になりません。M・Lサイズの浅型を2つ重ねると深型サイズと同じ高さになるよう設計にも細かい工夫が。棚の中でも高さを揃えてすっきりと収納することができます。
また小さなソースや調味料用のサイズから、ロングパスタもしっかり収まるパスタキャニスターなど、バリエーションが富んだサイズ展開も魅力的です。


磁器製キャニスター
日常の食卓に、テーブルで使うことを考えた浅型タイプ。調味料や薬味、小分けにしたおきたい食材の保存に適しています。
大きなサイズは浅型で口が広く、食材を漬け込む時にも便利。フタを外せば、うつわとしてそのままテーブルに出せるので盛りかえる必要がなく、洗い物も少なくなります。スタッキングもでき、場所を取らずに収納できます。



素材とデザインの融合

中身が見える、というのは当たり前ながらも最大の特徴。汚れ・匂いがつきにくく衛生的に使えます。
いろいろなソースを入れても、スタッキングしても、いろんな種類のスパイスを入れて並べても…軽やかな耐熱ガラス製なので、食材の色やかたちをぐっと引き立て、キッチンや冷蔵庫でたくさん並べても圧迫感がなく、素材の質感や色を愉しむことができます。

DRINKシリーズでは、ソーサーに使われた磁器。KITCHENシリーズではキャニスターにも使用されています。
ガラスのものと用途に合わせて使い分けられるように設計されていますが、エッジの効いたデザインはそのまま、つるりとした白はどんな食材とも好相性。また耐熱ガラスとの組み合わせも美しく映えるよう計算されています。

機能的でありながらスタイリッシュ。
DRINKシリーズとKITCHENシリーズの相性もバッチリ。ごくごくシンプルで統一感のある佇まいは、どんな生活スタイルにも馴染み飽きることなく永くお使いいただけるスタンダードデザインです。