田舎には都会とちがい、まだまだ自然が豊かです。
身近な自然から、少し足を延ばせば珍しい自然にも出会えます。
その一つ、高山植物は、色の濃さと鮮やかさが大きな特徴です。
「高山植物の女王」と呼ばれるコマクサも、高地になるほど色鮮やかです。

個人的にお気に入りは、チングルマの綿毛です。
この花を見るためだけに山に来る人も多いみたいです。

綿毛が開いた状態が、子供の風車に見えたことから
稚児車(チゴグルマ)から転じて名が付けられました。

根に猛毒を持つトリカブトも、花は質素で綺麗です。
英名の“monshood”は僧侶のフード(かぶりもの)の意味。

前回紹介しました霊仙山の福寿草も、満開まであと一歩です。

本格的な春は、もう目の前まで来ています!!