NHK おはよう日本「まちかど情報室」で紹介された
カップ1杯分のコーヒー・紅茶が作れる カフェプレス

ドリッパーやティーポットを使わずに
淹れたての香り豊かなドリンクを手軽にたのしめます。

本日はいつもとはひと味違った
コーヒーの淹れ方をご紹介。

まずコーヒーの粉を用意します。

豆の挽きかた

コーヒー豆は細かすぎると粉っぽく
粗すぎると味が薄くなるので
「中挽き」から「やや粗挽き」がおすすめ。

カップの内側の線まで粉(約10g)を入れて

粉をいれる

熱湯をカップ内側の上の線まで注ぎます。

粉全体にお湯が浸透するように
ゆっくりと回しかけます。

熱湯を注ぐ

基本の使い方は
ここでフタをして約4分蒸らすだけですが‥

今回はお湯を注いでから30秒くらい経ったところで
粉とお湯がよく馴染むようにスプーンでゆっくりとかきまぜます。

撹拌する

こうすることで、より味わい深い
濃いめのコーヒーになるのです。

フタをしてさらに3分30秒蒸らし

ふたをして蒸らす

あとはフィルターを水平に保ちながら
ゆっくりとプレスするだけ

フィルターをセット

水平に

ゆっくりプレス

ゆっくりと

できあがり

できあがり

別のカップに移し変える必要がないので
コーヒーが冷めにくく
洗いものが少ないのも嬉しいポイント。

今回は分かりやすいように別のカップに移し替えて飲み比べ。

比較

光にかざして見てみると色の違いは一目瞭然。

ただ単に「濃い」「薄い」だけでなく
予想以上に味に違いがでました。

どちらも香り高く、コーヒーオイル(旨み成分)もたっぷりですが
まろやかで飲みやすいのは右側。

そのときの気分で淹れ方を変えてみてはいかがでしょうか。

http://www.kinto-shop.com/SHOP/80207/82180/list.html