最近、出張に行っていないのでネタが尽きました。
ということで、ちょっとKINTO LAB.みたいなことしてみました。
Because I don’t go to business trip recently, I have no topic to write.
Well, l’m gonna show you how-to thing as we do on KINTO LAB. page.

CASTのジャグ(0.75L) を使って
アイスティーをゆるーく手軽につくる方法

With CAST jug (0.75L)
how to make ice tea instantly.

ティーバックを2つ用意します。
取っ手のところにティーバックの紐をくるりと1周させてひっかけます。
先にジャグの2/3まで水をいれ、その後お湯をいっぱいまで注ぎます。
Prepare 2 tea bags.
Turn the strings and hung the tea bags at the handle.
Pour cold water up to 2/3 of the jug, and fill it with hot water.

このまま20~30分待ちます。氷で薄まるので、濃い目がオススメです。
(お好みの濃さ、茶葉の種類によって調節してください)
Keep it for 20 – 30 min. As we put ice cubes later, dark tea is my recommendation.
(Adjust the time for your darkness and types of leaf)

その後、グラスに氷をたっぷり入れ、お茶を注げば冷たいアイスティーの出来上がり。
水出しの場合は数時間かかるのに対して、こちらは数十分でできるため手軽です。
Then, prepare the glass with ice cubes and pour tea into it.
Usually, cold water brewing takes over night, but this way takes only 20-30 min.

残ったお茶は、冷蔵庫へ。
冷蔵庫へ入れるときは、フタのシリコーンがついている方を注ぎ口にあわせ、
注ぐときは、写真のようにシリコーンが切り取られている方を口にあわせます。
Keep the rest of tea in the refrigerator.
When you put in the refrigerator, turn the lid and make the silicone fit to the spout. When you pour, turn the lid and make the cut-silicone part fit to the spout like this photo.

CASTは耐熱ガラスなので、熱湯でも淹れられますが、
熱湯を注いだ後すぐに大量の氷を使って冷まさないと、
クレームダウンという白濁現象がおきてしまいますのでご注意を。
Because CAST is made of heat-resistant glass, we can brew tea with boiled water. However, we have to use a lot of ice cubes to cool the hot water quickly; otherwise,
the ice tea become milky white. It’s not enjoyable look, so please be careful.